保障内容とは?

| 未分類 |

がん保険とはがんの治療に特化した保険で、再発による入退院の繰り返しや抗がん剤治療・先進医療など高額になってしまう治療費を補填する目的で加入するものです。がん保険は様々な保険会社から様々な商品が登場しており、保障内容にも違いがあります。保障内容に違いがある様々ながん保険の選び方としては、どのようにがん保険を選んでいったらいいのでしょうか。保障内容が様々ながん保険の選び方としては、その保障内容がどのように分類され、どのような内容のものなのかを知ることからはじめます。がん保険の保障内容には入院給付型・実損補填型・診断給付金型・収入保障型があります。入院給付型は一般的ながん保険の種類であり、入院給付金の日額がベースになり診断・手術給付金の額が決められています。実損補填型は、治療にかかった実費や家族の介添え費用などを補填するものです。健康保険の自己負担分だけでなく、自由診療部分も保障するものもあります。診断給付型は、入院や手術の給付金がついておらず、診断時にまとまったお金が給付されるものです。収入保障型は、がんにより就労できなくなった場合に減った分の収入を保障するものです。がん保険は以上のように分類され、さまざまな保障内容の商品が提供されています。ですから保障内容が様々ながん保険の選び方としては、保障内容をよく理解して自分に一番必要なものはどれなのかを考えて選んでいくことが重要になってきます。