一生のうち3人に1人ががんにかかると言われている時代、がんと診断される前にもしもの場合に備えておくことは非常に大切だと言えます。がん保険には診断給付金と呼ばれるものが付きます。これはがんと診断された時に支給される給付金で、保険商品によって金額だけでなく支給される回数も異なるため、診断給付金がどのように設定されているかはがん保険の選び方の重要ポイントとなります。保障が充実しているがん保険では、がんが再発した場合にも診断給付金を受け取ることができるようになっています。再発の可能性まで考慮して保険に加入したいという方は、診断給付金が何度でも支給されるがん保険を選ぶとよいでしょう。また、がんの治療方法は年々進歩しているため、通院だけで治療が行える場合もあります。そこで、入院だけでなく通院に対する治療費も給付されるかどうかという点も、がん保険の選び方の重要ポイントだと言えます。通院治療費はさらに、通院のみの治療・退院後の通院治療との2種類に分かれることもありますので、加入を考えているがん保険がどのタイプの通院治療費を保障してくれるのかもしっかりチェックしましょう。そして、がん治療では高度先進医療が有効とされる場合も多くあります。高度先進医療には公的な医療保険が適用されないため、多額の治療費が必要となります。がん保険の選び方の重要ポイントとして、高度先進医療に対する保障があるか、また最大いくらまでの保障を受けられるかという点も事前に確認しておく必要があります。