がん保険の加入を検討するなら、がん保険の選び方の基礎知識をぜひ知っておく必要があります。まず、がんの種類によって治療費も変わってきますが、大抵は高額療養費制度で自己負担はかなり抑えることができます。しかし、手術を要するものがほとんどですし、退院後の通院も長くかかる可能性があります。ではがん保険の選び方の基礎知識として知っておく必要があることは、公的医療制度で保障されない医療法がある点です。今良く耳にする先進医療は保険適用されないため、自己負担となります。そのため、先進医療の治療費をあらかじめ把握しておく必要があります。治療法によって費用はまちまちですが、厚生労働省が先進医療として公表している数はかなりあります。いづれかは保険適用になるものもでてきますが、それまでは自己負担のため、やはりかん保険で備えがあれば安心です。がん保険の選び方の基礎知識は保険の種類を選択することから始めます。定期型と終身型の2種類がりますが、将来の予測が立てにくい場合に一定期間を保障する定期型が選ばれます。逆に若い頃から老後に備える保険として終身型を選ぶ方がいます。現在の家庭環境や将来のことを考えてその家庭にあったがん保険を選ぶことが基本的な選び方となります。がん保険は年齢に関係なくかかる可能性があります。若いうちからしっかり備えがあれば安心できます。がん保険の種類をよく把握して家計から出せる範囲の保険料を考えることが必要です。