保険には様々な種類がありますが、ここではがん保険の選び方の基礎知識を確認していきましょう。一般的ながん保険は「がん」と診断された際に診断給付金(一時金)が支払われ、がんによる入院・手術・死亡に対しても給付金が支払われます。通常の医療保険と違うのはがんによる入院・手術などにしか保険金が支払われないことと、入院給付金の日数に上限がないことです。がんの治療は治療費が高額になることが多く、治療期間も長くなりがちなので、通常の医療保険ではカバーできないことも多く、こういったがんに対する保障を重点的にカバーする保険が用意されています。保障期間はほぼ全ての商品で終身となっています。がん保険の選び方の基礎知識としては、診断給付金が複数回支払われるかどうか、前がん状態である上皮内新生物に対しても同じように給付金が支払われるか、高度先進医療も保障されるかどうか、通院治療も保障されるかどうかなどをよく確認しておきましょう。これらに関しては特約によって保障を追加するかどうか選ぶことができる商品もあり、自分の望む保障に合致するようにカスタマイズすることもできます。がんによるどのようなトラブルに対処するかによって選ぶ保険は変わります。また、同じような保障内容でも保険料が大きく異なることもあります。保障のための保険料で家計が圧迫されるのはよくないので、できるだけ保険料の安いがん保険をよく比較して選ぶべきですこれらのがん保険の選び方の基礎知識を踏まえて、より自分にあったがん保険を選びましょう。